利用規約

私どもAUTOLAMPS(以下「甲」といいます)は、甲が運営する「即焼きレスキュー」のサービス提供(以下「本サービス」といいます)において、以下のとおり定めます。なお、お客様(以下「乙」といいます)が甲のサービスを利用される場合、乙が本サービス利用規約に同意したものとみなされます。

第1条(総則)

本サービス利用規約は、甲と本サービスを利用される全ての乙に適用されるものとします。

第2条(約款の変更)

1. 甲は、本サービスの利用者である乙の承諾を得ることなく、本サービス利用規約を変更できるものとします。この場合、本サービスに関する全ての条件は、変更後のサービス利用規約によるものとします。

2. 本約款の変更は、甲が「即焼きレスキュー」ホームページ、その他甲の広告媒体に表示した時点で効力を生じるものとします。

第3条(サービスの利用申込)

1. 乙は、甲が作成した本サービス利用規約を確認し承諾の上、甲の定める所定の手続に従って、甲に対し利用申込を行なうものとします。

2. 乙と甲との本サービスにおける受発注契約は、甲が乙から前項に定める利用申込を受けた時に成立するものとします。

第4条(価格)

各種サービスの価格は、甲が「即焼きレスキュー」ホームページに掲示しているものとします。

第5条(代金の支払)

乙の支払い方法は、Apple Pay、 Google Pay、 Line Pay 、クレジットカード払いのいずれかとします。

第6条(禁止事項)

甲は、次のいずれかに該当した時、またはその恐れのある時、乙の注文を受けられない場合があります。

(1)著作権法に違反する恐れのある作業の場合

(2)公序良俗に反するコンテンツを含む場合

(3)その他甲が契約にあたり不適当と判断した場合

乙のプライバシーを保護すべく、甲は商品の作製から検査まですべて自動で行っており、動画の内容を確認することができません。従って、上記コンテンツに該当するかどうかの判断は、乙が自身で行うものとします。上記のコンテンツに関するご依頼は、ご注文前後に関わらず全てお断りさせていただきます。ただし、著作物に関しては(上記1のもの)、著作権保持者の許諾を得られている場合には例外とさせていただきます。万一甲の作成物が著作権侵害によって第三者から指摘された場合は、甲では責任を負いかねます。

第7条(権利義務の譲渡)

乙は、甲の事前の書面による承諾を得ない限り、本サービスの履行により生ずる一切の権利義務(債務)の全部または一部を第三者に譲渡し、または担保に供してはならないものとします。

第8条(個人情報、秘密保持)

甲は、乙から提供されたコンテンツに関する情報及び乙個人に関する情報を、別途定める「個人情報保護方針」に基づいて、適切に取扱うものとします。上記情報につきましては、徹底した保守管理を行ない、第三者への情報開示は行ないません。但し、以下の場合を除きます。

(1)利用者及び公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合

(2)法令の規定による場合

(3)情報開示について利用者の同意を得た場合

第9条(データの管理)

1. 甲は、乙から貸与または提供されたデータを善良な管理者の注意義務をもって管理し、それが不要となったときは、直ちに消去するものとします。

2. 甲は、データを個別契約の履行の目的以外に使用し、または第三者に貸与、提供等しないものとします。

3. 甲は、細心の注意を払ってお預かりしたデータをお取り扱いいたしますが、作業中の不慮の事故によって起きた、動画、印刷データ等の紛失・損傷等について責任を負わないものとします。

第10条(委託)

1. 甲は、本サービスの履行の目的において、目的物の全部または一部の製作を第三者に委託する場合があります。

2. 前項の場合においても、本サービスに基づく甲の履行義務は免れないものとします。

第12条(不合格品の処置)

1. 乙が甲の作成物を検査した結果、目的物が不合格となったときは、乙はその旨を甲に通知するものとしとします。乙における再生機やPCとの相性、再生環境の相違に起因する不具合についてはこの限りではありません。

2. 甲は、検査不合格となった目的物について、無償で速やかに再作業を行い、お客様に納品するか、全額を返金するものとします。

第13条(返品・キャンセル・交換について)

一度録画してしまったDVDは商品として再販できないため、乙が注文された作業および商品のキャンセル・返品または交換をすることはできません。但し次の場合はこの限りではありません。

(1)商品が納品先に到着後10日以内に、甲の瑕疵により不具合が認められた場合

(2)商品が納品先に到着後10日以内に、商品が配送中に破損した旨をご連絡いただき、そして甲が当該商品を確認してそれが認められた場合

(3)商品違い等明らかに甲の手違いによる場合

(4)商品が納品先に到着後10日以内に、乙が商品の品質に満足しない旨を甲に連絡した場合

上記の(1)(2)(3)(4)の場合、甲は全額を返金するか、速やかに再作業を行い、乙に納品するものとします。その際の送料、再作業料金、手数料等すべて甲で負担するものとします。

乙が返金を選択した場合、返金は、商品が事業所に到着した日又は、甲が返金を受け入れる旨を乙に連絡した日から起算して約1ヵ月以内とします。

第14条(損害賠償責任)

甲の製作物について、甲の瑕疵による不具合によって、乙に損害が生じた場合、甲が乙から受け取った利用代金を上限として賠償するものとします。損害金額については、客観的に損害額が証明できる書類を元に算出された金額のみを対象とさせていただきます。

第15条(危険負担)

目的物の納入後、目的物の全部または一部が滅失、毀損または変質したときの一切の損害は、甲の責に帰すべき事由による場合を除き、乙の負担とします。

第16条(サービス履行の中止)

1. 甲は、乙が次の各号の一に該当したときは、何らの催告その他の手続を要することなく、本サービスの履行の全部または一部を中止することができるものとします。

(1) 自ら振出し、もしくは引受けた手形または小切手につき、不渡処分を受ける等支払停止状態に至った場合

(2) 監督官庁より営業の取消、停止等の処分を受けた場合

(3) 第三者より仮差押、仮処分、強制執行等を受けた場合

(4) 破産、商法上の整理、特別清算、民事再生および会社更生手続の申立を受け、もしくは自ら申立てた場合

(5) 解散の決議をし、または他の会社との合併をしたとき、または営業の重要な部分を譲渡した場合

2. 甲は、災害その他やむを得ない事由により、サービスの履行が困難となった場合は、乙と協議のうえ、このサービスの履行の全部または一部を解除することができるものとします。

第17条(期限の利益の喪失)

前条第 1 項に定める事由に一つが生じたときは、乙は、甲乙間の取引に一切の債務について当然期限の利益を喪失するものとします。

第18条(甲による通知方法)

1. 甲の乙に対する通知または告知は、電話・電子メールによる通知その他甲が適当と認める方法により行なうことができるものとします。

2. 前項に基づく電子メールによる通知は、甲が乙の電子メールアドレスに通知を発したとき到達したものとします。

第19条(不可抗力)

天災地変、法令の改廃制定、公権力による命令処分、輸送機関の事故、労働争議その他、甲の責に帰すべからざる事由により、本サービスの履行が遅延もしくは不可能となった場合、甲は乙に対し、何らの責も負わないものとします。

第20条(免責)

1.甲は、乙が甲指定のサーバーに保存、登録している電子メールが乙の指定する電子メールアドレス宛に到達することを保障しないものとします。

2.甲は、次のいずれかが発生した場合でも、乙に対して一切責任を負わないものとします。

(1)サービスの変更、中断、中止もしくは廃止

(2)甲のサービスにより送信される電子メールの延着、未達、流失、消失、改竄、文字化け 等

(3)甲のサーバーに登録・蓄積された電子メール、電子メールアドレスその他の各種データの消失、流出、改竄、文字化け等

(4)その他甲のサービスに関連して、乙に発生した一切の損害

第21条(本利用規約に定めのない事項)

本利用規約に定めのない事項については、「即焼きレスキュー」ホームページ、その他甲の広告媒体の記述に従うものとします。

第22条(準拠法、合意管轄裁判所)

本約款は、日本国法に基づいて解釈されるものとし、甲と乙の間で訴訟の必要が生じた場合は、神戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。