Filmora Go(フィモーラゴー)の動画をパソコン無しでDVD/ブルーレイに焼く方法【android編】

スマホの簡単な操作で、動画をDVD/ブルーレイにして宅配する方法です。最短明日には届き、費用は送料込み800円~。即焼きレスキューを利用して、パソコン無しで、Filmora Goの動画をプレイヤーで見れるDVD/ブルーレイに書き出します。本編ではアンドロイドを使用しますが、もちろんiPhoneからでも可能です。

動画作成中に注意しておくこと

文字や顔はセーフティエリア内に収めておく

テレビやプロジェクターなどの再生機器は、動画の端を切って表示する場合があります。

程度は機器によりますが、90%以内なら切れません(セーフティエリアと呼ばれます)。このため、文字や顔が端にある場合は、内側に寄せることをお勧めします。

セーフティエリアについて詳しく

最近のテレビはほとんど端を切りません。一方で、結婚式で使われる再生機器は、まだまだ端を切るものがあるので要注意です。なお、当店のオプション「画面をセーフティエリア内に縮小する」(+¥1000)を利用すれば、端が切れることはありません。しかし、逆に再生機器が全く端を切らないものであった場合、無駄に画面を小さくすることになります。このため、文字や顔だけ内側に寄せておく方がベターです。

音声は動画の開始2秒以降から開始する

DVDプレイヤーは開始1秒前後の音声を流さない場合があります 。これも機器によります。開始2秒に音声がある場合は、再編集されるか、オプション 「動画の前後に黒の余白を5秒間追加」(+¥500)のご利用をお勧めします。

アスペクト比は再生予定の機器に合わせておく

再生予定の機器と同じアスペクト比で動画を作れば、スクリーンをいっぱいに使うことができます。このため、再生予定の機器がテレビであれば16:9, 結婚式であれば式場指定のアスペクト比で動画を作成することをお勧めします(ただしBlu-rayであれば16:9としてください)。

アスペクト比について詳しく

アスペクト比とは、動画の横と縦の長さの比です。DVDは16:9,4:3から選択できます。Blu-rayは16:9です。当店のオプション(無料)でもアスペクト比を変更できます。しかし、お客様の動画を切ることはありませんので、黒帯で埋めるスペースができてしまいます。このため、再生機器と同じアスペクト比で動画を作る方がベターです。

音量を上げすぎない

音量が大きすぎると、アプリで割れずに再生できても、DVDには収録できないレベルの音量となり、割れる可能性があります。このため、中くらいの音量をお勧めします。

Blu-rayが使えるプレイヤーか確認し、使えない場合は文字や顔を大きくしておく

最近の動画に比べ、DVDは画質が悪いです。これは規格で定められたDVDの解像度が低いことによるので、誰がDVDを作成しても避けられません。このため、再生機器がBlu-ray対応か確認し、対応していたらDVDではなくBlu-rayにすることをお勧めします。もしBlu-rayが使えない場合は、画質が悪くなっても見えるよう、文字や顔を大きくしておいた方が良いです。

DVD/Blu-rayの解像度について詳しく

解像度とは、動画を構成する光の粒(画素)の、横と縦の数です。最近の動画/写真の解像度が1920 x 1080以上であるのに対し、DVDの解像度は規格で決められており、720 x 480です。このため、画素数が80%以上低下し、画質が悪化することは避けられません。一方、Blu-rayの解像度は1920 x 1080であるため、DVDに比べ大幅に画質が良いです。なお、Blu-rayはアスペクト比4:3にはできませんので、再生機器が4:3であれば、16:9の動画が上映できるかどうかご確認ください。

動画の保存

Filmora Go 右上の「エクスポート」をタップ

動画の解像度を決める

解像度を選ぶ画面が表示されるので、1080Pを選択。

意味の解説「解像度」とは

Filmora Goの「解像度」は、縦と横のピクセル数のうち、短い方のピクセル数を指しています。
例えば、1080Pを選択したとしましょう。
この時の解像度は、1080 x 1080 となります。
(アスペクト比とは、横と縦のピクセル数の比です。)
一方で、16:9のアスペクト比で動画を作成した場合は、解像度は1920x1080となります。

透かしとロゴルールへの個人的な意見

Filmora Goの「透かしとロゴルール」では、Filmora Go のマークを消すことができます。
しかしこれは有料です。Filmora Goでは、無料でマークを消すことはできません。
無料と謳っておきながら、いざ動画を保存しようとした際に、透かしを消すなら有料だよ。
私は個人的には、この汚いやり方は好きではありません。このことに気づかずに
動画作りに手間暇かけたら、泣く泣く500円払わざるを得ないでしょう。
完全に無料で編集したい場合は、InShotがおすすめです。長々と広告を見ないといけませんが、
少なくともFilmora Goのように、「無料」と客をだます姿勢はありません。

「品質」で1080Pを選択する理由

1080Pを選択する理由は、1080Pで十分だからです。
DVDの解像度は規格で決められており、720 x 480です。
なので原則的には、それ以上大きな解像度でInShotで保存しても、DVDに変換する際に720 x 480に落ちますので、意味がありません。
ただし、経験上は少し大きめの解像度から落とした方が、きれいに仕上がります。
ですので、私たちは1080Pを推奨しています。

アスペクト比を変更したい場合

希望のアスペクト比が「16:9」又は「4:3」の場合は、当サイトの注文画面で選択してもらうだけでOK。元のアスペクト比が何であっても大丈夫です。
アスペクト比を当サイトで変換する場合は、左右か上下にできる余白には、黒帯を入れます。映画みたいなイメージです。
もしそれ以外のアスペクト比にしたい場合や、余白をぼかしにしたい場合は、Filmora Goの「キャンバス」> 「形式」で変更できます。
また、余白部分を黒以外の色にしたい場合も、Filmora Goの「キャンバス」>「背景」で変更できます。

「カメラロールに保存する」と表示されたら保存完了

即焼きレスキューでディスクを作成

作成ツールのSTEPに沿った簡単操作でディスクが作れます。

決済/配送先の入力

カートで支払方法を選択

「クレジットカードorLINE Pay」か、「Google Pay」、「Apple Pay」を選択。

配達先住所の入力と決済

配達先住所の入力

前回ご注文時に「アカウントを作成しますか?」にチェックを入れた場合、メールでIDと仮パスワードが届いています。
それらでログインして頂くと、住所を入力する手間が省けます。

お客様住所と別の場所に送る場合、「別の住所に送る」をチェック

決済方法を選択し、決済

配達先住所が入力済みの場合、「お支払い」をタップするだけで完了。住所が未入力の場合は入力してお支払い。

発送

即日又は翌日に即焼きレスキューから発送され、追跡サービスのURLがメールで届きます。

URLがメールで届きます。

URLをタップすると、配達状況が確認できます。結婚式場など自宅以外に送った場合でも安心です。

お急ぎ便の場合は、配達完了メールも届きます。

DVD/ブルーレイが届く

配達先の郵便受けにDVD/ブルーレイが投函されます。お届け日数はこちらをご覧ください。